主婦「うちの学校で出るとは…」小学生兄弟の感染、保護者に不安の声

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

町内の児童2人の感染確認を説明する小松田町長(中央)(21日、中富良野町役場で)
町内の児童2人の感染確認を説明する小松田町長(中央)(21日、中富良野町役場で)

 北海道中富良野町の小学生の兄弟2人を含む3人の新型コロナウイルスへの感染が21日、道内で新たに確認された。道と町は今後、ほかの児童や保護者らの健康状況を観察する。道庁で記者会見した鈴木知事は「さらに危機感を持って対応していかなければならない」と険しい表情を見せた。

 道によると、この兄弟は15日に弟が発熱。15、17日に医療機関を受診し、19日になって上川地方の感染症指定医療機関に入院した。兄も18日に発熱した後、19日に感染症指定医療機関に入院した。兄弟はウイルス検査を受け、21日に陽性とわかった。

 兄弟に直近の海外渡航歴はなく、通学方法など、これまでの行動歴や濃厚接触者を道が調べている。

 兄弟が通う小学校は21日、校内を消毒し、夜に臨時の保護者会を開いた。小松田清町長らは、約65人の保護者を前に経緯を説明し、3連休明けの25日以降の休校も検討していると明かした。

 長女が同小に通う40歳代の主婦は、読売新聞の取材に「うちの学校で感染者が出るとは思わなかった。できれば児童全員の検査をしてほしい」と不安そうに語った。

 兄弟の感染確認を受け、町は対策本部を設置し、町内で行われる各種イベントや会議を中止・延期する方針を確認した。また特別養護老人ホームの面会と外泊も禁じた。22日からの3連休は町役場に相談窓口を設け、発熱している住民から相談があれば保健所に連絡する。

 一方、千歳市の小樽検疫所千歳空港検疫所支所の女性検疫官は16日に微熱が出て、18日に医療機関を受診。21日に陽性が確認された。行動歴は調査中だが、鈴木知事は記者会見で、「人と触れ合う状況の中で仕事をすることもあるだろう」と述べた。

 検疫官は、空港で国際便の到着客に検疫カードを渡して自覚症状の有無を確認し、日本での滞在予定を聞き取るなどしている。支所によると、新千歳空港の検疫官は新型コロナウイルスの流行前から、検疫時にはマスクを着用しており、現時点で感染経路は不明としている。

 感染拡大を受け、道は、道立衛生研究所の検査装置を増やし、保健所に配備するマスクや消毒液を追加する予算を確保した。現在は開設時間が限られている相談窓口を、24時間受け付ける態勢に改めることも検討している。3連休も通常通りの検査態勢を敷くという。

 また道は、経営に影響を受ける中小・小規模企業を対象に、3月上旬に相談会を全道9会場で開く。

残り:34文字/全文:1173文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1066476 0 社会 2020/02/22 10:54:00 2020/03/09 12:39:41 2020/03/09 12:39:41 対策本部の会議であいさつする小松田町長(2月21日午後5時4分、中富良野町で)=中薗あずさ撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200222-OYT1I50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ