花見客はマスク姿、トイレに消毒液…河津桜と菜の花が競演

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

河津桜と菜の花が咲き誇る中、マスク姿で散策を楽しむ観光客ら(22日午前、静岡県河津町で)=伊藤紘二撮影
河津桜と菜の花が咲き誇る中、マスク姿で散策を楽しむ観光客ら(22日午前、静岡県河津町で)=伊藤紘二撮影

 新型コロナウイルスの感染が広がる中、3連休初日の22日、静岡県河津町で開催中の「河津桜まつり」ではマスク姿の人が目立った。

 河津桜は暖冬の影響で例年より10日ほど早く開花。満開を迎えピンク色に染まる並木と黄色い菜の花が競演する「菜の花ロード」では、足を止めて写真を撮る人たちも見られた。

 同町観光協会では感染予防策として、川沿いのトイレにせっけんや消毒液を置いたり、飲食店にマスクの着用をお願いしたりしている。

 桜は今月いっぱい楽しめるという。

残り:33文字/全文:405文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1066519 0 社会 2020/02/22 11:45:00 2020/03/09 12:39:15 2020/03/09 12:39:15 河津桜と菜の花が咲き誇る中、マスク姿で散策を楽しむ観光客ら(22日午前10時7分、静岡県河津町で)=伊藤紘二撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200222-OYT1I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ