例年以上に「2」並ぶ…猫の日「御利益ありそう」、早朝から列

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

期間限定の「猫ご朱印」(22日午前、東京都文京区の妻恋神社で)=沼田光太郎撮影
期間限定の「猫ご朱印」(22日午前、東京都文京区の妻恋神社で)=沼田光太郎撮影

 2月22日は、語呂合わせで「にゃん・にゃん・にゃん」の「猫の日」。今年は2020年で令和2年とさらに「2」が並ぶ中、東京都文京区湯島の妻恋神社では、ネコのスタンプをあしらった期間限定のご朱印が授与され、境内には早朝から長蛇の列ができた。

 地域おこしイベント「第10回ねこまつりat湯島」(2月11日~3月1日)の一環。午前6時半から並んだという愛知県半田市の男性(55)は「『令和2年2月22日』の特別なご朱印で、御利益がありそう。早く来たかいがあった」と笑顔だった。

 限定のご朱印は期間中の土曜日のみ授与される。

無断転載禁止
1066523 0 国内 2020/02/22 11:45:00 2020/02/22 11:45:00 2020/02/22 11:45:00 期間限定の「猫ご朱印」を手にする人たち(22日午前10時40分、東京都文京区の妻恋神社で)=沼田光太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200222-OYT1I50033-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ