クルーズ船で活動の医師らを「バイ菌扱い」、悲鳴に近い悲しい報告

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で活動した災害派遣医療チーム(DMAT)などの医師や看護師らへのいじめ行為が横行しているとして、日本災害医学会は22日、抗議声明を出した。

 声明文などによると、職場に戻ってから「バイ菌扱いされるいじめ行為」を受けたり、上司から派遣に応じたことに謝罪を求められたりといった報告が相次いでいるという。

 保育園や幼稚園から子どもの通園を自粛するように求められるケースもあり、「当事者から悲鳴に近い悲しい報告が寄せられ、見過ごせない。人権問題と捉えるべき事態」として、改善を求めている。

残り:33文字/全文:314文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1066964 0 社会 2020/02/22 20:39:00 2020/03/09 12:32:06 2020/03/09 12:32:06

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ