栃木の60代女性、クルーズ船下船後検査で陽性

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 栃木県は22日、新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」を19日に下りた60歳代の女性が、下船後の検査で陽性であることが判明したと発表した。同船からは、検査で陰性となり症状のない約970人が19~21日に下船したが、下船後に感染が明らかになるのは国内で初めて。

 県によると、女性は船内にいた14日にウイルス検査を受け、15日に陰性であることがわかり、19日に下船して同県内の自宅に戻った。だが、21日に38・7度の熱が出て、翌日、医療機関を受診して検査したところ、陽性であることが判明した。

 一方、新型コロナウイルスの感染者は22日も増え、北海道、千葉、東京、神奈川、石川、愛知、和歌山、熊本の8都道県で新たに25人の感染が確認された。石川県の中学生や千葉市の中学教諭、東京都の高齢者施設の職員らで、意識がはっきりせず重篤の人もいる。国内居住の感染者は、ダイヤモンド・プリンセスの乗船者や、中国からチャーター機で帰国した人を除くと、100人を突破して、110人になった。

残り:33文字/全文:489文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1067081 0 社会 2020/02/22 21:24:00 2020/03/10 10:17:43 2020/03/10 10:17:43

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ