厚労相「確認ミス、深く反省したい」…検査受けずに23人下船

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

記者の質問に答える加藤厚労相(22日午後、東京都千代田区で)=杉本昌大撮影
記者の質問に答える加藤厚労相(22日午後、東京都千代田区で)=杉本昌大撮影

 加藤厚生労働相は22日、新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から19~20日に下船した乗客のうち23人が、下船前に実施することになっていた検査を受けていなかったと明らかにした。同省は23人の検査を進めている。

 同船の乗客らは、2月5日から約2週間、船内の個室で待機した上で検査を受け、陰性となれば船を下りることになっていたが、23人は5日より前に検査しただけで、下船時の検査が行われていなかった。23人のうち日本人は19人だった。

 加藤厚労相は「確認作業のミスでこうした事態を招いたことを深く反省したい」と陳謝した。

 また、船内で業務にあたった同省職員らの感染が相次いでいることから、同省はこれまでに船内に派遣された職員計41人のウイルス検査を行う。橋本岳厚労副大臣や自見英子厚労政務官も検査を受けるという。

 一方、感染した人と船内の同じ部屋で過ごしていた「濃厚接触者」計89人(うち日本人70人)は22日に下船し、埼玉県和光市の「税務大学校和光校舎」に移動した。健康状態の観察を続け、再検査で陰性が確認されれば帰宅する。

     ◇

 加藤厚労相は22日、感染者に対し、新型インフルエンザ治療薬「アビガン」(一般名称・ファビピラビル)の投与を始めたと明らかにした。試験的な投与で、治癒効果を分析する。

 国立国際医療研究センターを中心とする研究班が国内の二つの医療機関で準備に入り、このうち一つが22日にアビガンを投与した。

 加藤厚労相は「(アビガンには)ウイルスを増殖させる酵素を阻害する」効果があるとし、「新型コロナウイルス(の治療)に適用できる可能性があるのではないか」と述べた。また、エボラ出血熱の治療薬の候補とされる「レムデシビル」についても近く投与を始める予定だと明らかにした。

【随時更新】新型コロナ、今なにをすべきか~正しい情報で正しい行動を

無断転載禁止
1067124 0 国内 2020/02/22 21:43:00 2020/03/10 10:17:01 2020/03/10 10:17:01 記者の質問に答える加藤厚労相(22日午後8時4分、厚生労働省で)=杉本昌大撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200222-OYT1I50070-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ