高速道の料金所閉鎖、濃厚接触疑いの従業員52人が自宅待機

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

閉鎖された名古屋高速の料金所(23日午後、名古屋市熱田区で)=橘薫撮影
閉鎖された名古屋高速の料金所(23日午後、名古屋市熱田区で)=橘薫撮影

 22日に新型コロナウイルスの感染が確認された名古屋市の60歳代男性2人のうち1人について、名古屋高速道路公社は同日夜、料金収受の委託会社の事務員だったと発表した。公社は、男性と濃厚接触した疑いのある従業員52人を自宅待機させ、それに伴う人員不足のため、同日から一部の料金所を閉鎖した。

 公社によると、52人の中に体調不良を訴えている人はいないという。

残り:33文字/全文:340文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1067462 0 社会 2020/02/23 01:39:00 2020/03/09 12:30:39 2020/03/09 12:30:39 料金収受会社事務員の新型コロナウイルスへの感染が確認された影響で、閉鎖された名古屋高速道路の料金所(23日午後0時51分、名古屋市熱田区で)=橘薫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200223-OYT1I50035-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ