ツシマヤマネコ、減少傾向に歯止め…環境省「90匹か100匹生息」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

絶滅が危惧されるツシマヤマネコ(環境省対馬野生生物保護センター提供)
絶滅が危惧されるツシマヤマネコ(環境省対馬野生生物保護センター提供)

 環境省は22日、長崎県の離島・対馬のみに生息し、絶滅が危惧される「ツシマヤマネコ」の推定生息数が「約90匹か約100匹」との調査結果の概況を発表した。調査は、1985年度から数年おきにこれまで計4回行ってきた。今回は減少傾向が初めて止まり、同省は増加に転じた可能性があるとしている。

 調査は2018、19年度に実施。自動カメラでの撮影記録やフンのDNA解析などに基づき、2種類の推定方法で生息数を算出したところ、対馬北側の上島のほぼ全域で生息を確認した。

 1985~87年度に実施した初回調査で「約100~140匹」とした推定生息数は、交通事故死などにより、その後の3回の調査では減少傾向が続き、2013年発表の前回調査では「約70匹か約100匹」だった。

 今回、ドライバーへの注意喚起など対策が奏功した可能性があると分析しているが、同省の担当者は「絶滅の危機にあるのは変わっていない」と話している。

無断転載禁止
1067720 0 国内 2020/02/23 09:42:00 2020/02/23 09:42:00 2020/02/23 09:42:00 絶滅が心配されているツシマヤマネコ(環境省対馬野生生物保護センター提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200223-OYT1I50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ