読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

栃木の女性、下船後に陽性判明…知事「国は対応が必要ではないか」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

急きょ開催された県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(22日午後9時頃、栃木県庁で)
急きょ開催された県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(22日午後9時頃、栃木県庁で)

 栃木県は22日、新型コロナウイルスによる感染者が県内で初めて確認されたと発表し、集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客だったことを明らかにした。19日の下船時は陰性だったが、帰宅後に発熱し、陽性と判明。乗客で下船後に感染が明らかになるのは国内で初めてで、福田知事は「栃木と同じケースは発生しうる。国は対応が必要ではないか」と訴えた。

 県の発表によると、感染が確認されたのは、県南健康福祉センター(小山市、栃木市、下野市、上三川町、野木町、壬生町)管内の60歳代の無職女性。女性は70歳代の夫と2人でクルーズ船に乗船していた。14日に検査を行って陰性を確認し、19日に下船。国の送迎バスや公共交通機関で県内入りし、自宅へは友人の車で帰ったという。

 しかし、女性は21日に38・7度の発熱があったため、翌22日に同センターに相談の上で医療機関を受診。せきなどの症状はなかったが、肺炎がみつかり、検査の結果、陽性であることが判明した。女性は現在自宅におり、近く県内の指定医療機関に入院する見通し。

 県によると、県が現在把握している「濃厚接触者」は夫のみ。夫は現在、発熱などの症状は出ていないが、今後検査を行う予定。夫婦は下船後にはマスクを着用していたが、一度買い物に出かけたことがあるという。

 福田知事は22日の記者会見で、「陰性で下船した方は、問題ないという判断だったが、陰性が再度の検査の結果、陽性に転じるということが起こった。下船して家に戻った方で、栃木と同じケースは発生しうるので、国には一歩踏み込んだ対応を求めたい」と話した。また、県民に対しては「県民には過剰に心配することなく、手洗いやせきエチケットなど、感染予防につとめてほしい」と呼びかけた。

残り:33文字/全文:912文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1067834 0 社会 2020/02/23 10:50:00 2020/03/09 12:30:09 2020/03/09 12:30:09 県新型コロナウイルス感染症対策本部会議に臨む福田知事(中央)(22日午後9時1分、県庁で)=亀田考明撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200223-OYT1I50022-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)