「緊急時以外は面会制限」「物品受け渡しは玄関で」…厚労省が高齢者施設での対策要請

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は24日、介護施設などでの新型コロナウイルスの集団感染を防止するため、面会の制限や、職員らの体温計測の徹底など、対応策を自治体に通知した。東京都内の介護老人保健施設で職員の感染が判明したことを受けた措置で、自治体を通じて全国の高齢者が暮らす施設などに対策の実施を求める。

 通知では、特別養護老人ホームなどは、緊急でやむを得ない場合以外、可能な限り面会を制限することが望ましいとした。面会する場合は、面会者に体温を計測してもらい、発熱があれば断るよう求めている。

 職員については、出勤前に体温を計測し、発熱などの症状がみられる場合は出勤しないことを徹底する。施設内で働く職員だけでなく、利用者の送迎にあたる職員や、ボランティアも対象となる。

 施設の利用者の送迎については、車に乗る前に、家族や職員らが本人の体温を計測し、発熱があれば利用を断るようにする。

 物品の納入などで施設に出入りする業者についても、受け渡しは玄関などの限られた場所で行い、入館の際は体温を計測するなどの対応を求めた。

残り:33文字/全文:488文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1069182 0 社会 2020/02/24 19:14:00 2020/03/09 12:20:49 2020/03/09 12:20:49

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ