北海道の全小中学校、あすから休校に…道教委が要請へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、教育現場での対応などについて話し合う北海道議会文教委員会(26日午前、札幌市中央区で)=原中直樹撮影
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、教育現場での対応などについて話し合う北海道議会文教委員会(26日午前、札幌市中央区で)=原中直樹撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、北海道教育委員会は26日、道内の小中学校を27日から臨時休校とするよう、道内の全市町村教委に要請すると表明した。平野正明・教育部長が26日午前に開かれた道議会文教委員会で、道議の質問に答えた。

 各市町村教委は休校するかどうかを検討する。町議1人が感染した七飯町の町教委は3月8日まで、木古内町教委は同4日までの休校を決めた。道内には約1600の公立小中学校があり、一斉休校となれば異例の事態となる。

 平野教育部長は「健康管理はもとより、(感染拡大の防止に向けた)正しい知識の習得などを行うことは意義がある」と述べ、休校期間中に、児童生徒向けに感染拡大の防止に向けた取り組みを行う考えを示した。

 北海道では25日までに、道内の居住者34人の感染が確認されており、この中には中富良野町の小学生2人、江別市の教員1人も含まれている。同日夜に開かれた道の感染症対策本部会議で、鈴木直道知事は道教委に対し、「前例のない状況。保護者から不安の声も多い。休校も含め検討してほしい」と指示していた。

 政府は25日に決定した基本方針で、臨時休校が適切に行われるよう、都道府県などが学校設置者に要請することを盛り込んでいる。

残り:33文字/全文:561文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1072655 0 社会 2020/02/26 11:55:00 2020/03/09 11:58:52 2020/03/09 11:58:52 新型コロナウイルス感染の拡大を受け、教育現場での対応などについて話し合う関係者たち(26日午前11時6分、札幌市中央区で)=原中直樹撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200226-OYT1I50037-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ