大阪の女性ガイド、再感染かウイルス残存か…退院25日後に陽性反応

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪府は26日、1月29日に新型コロナウイルスへの感染が確認され、回復したとして退院した大阪市に住むツアーガイドの女性(40歳代)について、ウイルス検査で再び陽性反応が出たと発表した。再感染したか、体内にウイルスが残っていた可能性がある。

 発表などによると、女性は1月12~17日、中国・武漢市からのツアー客が乗るバスでガイドを務めた。このバスの男性運転手も感染が確認されている。女性は29日に感染が確認された後、症状が改善し、2月1日に退院。6日にせきの症状が出たため検査を受けたが、その際は陰性だった。19日にのどの違和感を覚え、26日に改めて検査を受けたところ陽性となった。

 女性は現在、入院している。

【随時更新】新型コロナ、今なにをすべきか~正しい情報で正しい行動を

【あわせて読みたい】

退院者の14%が再び陽性、完治しなかった可能性…広東省「科学的結論出てない」

祝福が感染拡大のおそれ、東大や京大が合格発表の掲示取りやめ…HPに掲載

新型肺炎拡大でマスク不足…入手できない場合にできることは

人から人へ、潜伏期間でも感染…軽い症状でも捕捉の必要性

無断転載禁止
1074153 0 国内 2020/02/26 22:18:00 2020/03/07 18:58:04 2020/03/07 18:58:04

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ