ニュース

刑務所の同室者に洗剤入りの水や尿飲ませる、受刑者の男2人書類送検

無断転載・複製を禁じます

 同室の受刑者に洗剤を混ぜた水を飲ませるなどしたとして、松山刑務所(愛媛県東温市)は28日、20歳代の受刑者の男2人を強要容疑で地検に書類送検した。

 松山刑務所の説明では、2人は昨年12月2~3日、刑務所の共同室(5人在室)で、50歳代の男性受刑者を「言うことを聞かなければ暴行する」などと脅し、食器用洗剤などを混ぜた水や男性の尿を飲ませたり、大量の水を飲ませたりした疑い。

 同室の別の受刑者が職員に報告したことで発覚。2人は容疑を認めている。

社会
ページTOP