北海道知事、首相に集中的な支援要請…検査強化や休校に伴う保護者の休業補償など

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大により「緊急事態宣言」を発表した北海道の鈴木直道知事は29日、首相官邸で安倍首相と面会し、緊急かつ集中的な支援や検査体制の充実など、感染拡大防止に向けた要請を行った。

 鈴木知事は重点提言として、▽北海道を「重点対策地域」とし、あらゆる施策を集中的に実施する▽検査試薬の供給や人的支援など検査体制の強化▽高齢者や基礎疾患保有者の把握▽休校に伴う保護者への休業補償など支援体制の整備――など7項目を要望。

 要請後、取材に応じた鈴木知事は「北海道の取り組みは必ず全国でも必要になる。力を合わせて対処していくしかない」と話した。

残り:34文字/全文:313文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1079853 0 社会 2020/02/29 21:39:00 2020/03/07 17:02:16 2020/03/07 17:02:16

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ