大分で初の感染者、東京・神奈川などでも新たに

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大で、国内では3日、大分県で初めての感染者1人が判明したほか、愛知県で9人、北海道と大阪府、兵庫県で各2人、東京都、神奈川県、京都府で各1人の計19人の感染が新たに確認された。

 このうち大阪府と神戸市の40歳代女性と京都市の50歳代女性の計3人は、2月に大阪市のライブハウス「大阪京橋ライブハウスArc(アーク)」で開かれたライブに行っていた。ライブ参加者の感染者は大阪府の3人、高知市の1人、愛媛県の1人を含めて計8人となった。

 大阪府の吉村洋文知事は3日、ライブハウスでクラスター(小規模な感染集団)が形成された可能性があるとして、参加者全員にウイルス検査を行う考えを示した。対象は2月15、16日に行われたライブの観客やスタッフら。15日の参加者は約150人で、16日は判明していない。吉村知事は「新たなクラスターが生まれないようライブに参加した人は保健所などに連絡してほしい」と呼びかけた。

残り:33文字/全文:450文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1085481 0 社会 2020/03/03 21:21:00 2020/03/07 18:19:18 2020/03/07 18:19:18

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ