東京の桜開花「15日」予想、最速記録を更新か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本気象協会は5日、今年の桜(ソメイヨシノ)の開花について、今月15日に東京都心(千代田区)、名古屋、岐阜からスタートするとの予想を発表した。暖冬の影響により、全国的に平年よりかなり早く、広い範囲で10日前後早く開花。中には2週間も早まるところもあり、「記録的な早さ」になる見込みという。

 同協会によると、靖国神社に気象庁の標本木がある都心の開花は、平年より11日早く、2002年と2013年の3月16日を抜いて、統計開始以来、最も早い開花となる見通し。

 16日は福岡、横浜、埼玉・熊谷などで、17日には神奈川・小田原、東京・八王子、愛媛・宇和島などが続く見込み。3月末までには九州から関東、東北南部にかけての広い範囲で開花し、4月上旬には東北北部で咲き始める。その後、桜前線は4月下旬に津軽海峡を渡り、北海道・函館で4月22日、札幌では同26日に開花すると予想されるという。

 「満開日」は、開花日のおおむね1週間から10日ほど後となる。予想満開日が最も早いのは都心と熊谷の3月24日。3月末には九州から関東で満開になるところが多いと見込まれるという。

無断転載・複製を禁じます
1089230 0 社会 2020/03/05 18:50:00 2020/03/05 18:50:00 2020/03/05 18:50:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ