1世帯7枚だけ、北海道に政府支給マスクが到着

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

マスク不足が続く中、北見郵便局に到着した政府が支給したマスク(5日午後、北海道北見市で)=原中直樹撮影
マスク不足が続く中、北見郵便局に到着した政府が支給したマスク(5日午後、北海道北見市で)=原中直樹撮影

 北海道北見市と中富良野町で5日、政府支給のマスクが各戸に配られ始めた。

 政府は道内で1世帯当たり約40枚ずつ配るとし、まず感染者の人口比率が高い2市町への配布が決まった。ただ、5日の配布は1世帯当たり7枚にとどまった。厚生労働省によると品薄で確保できなかったといい、残りは確保でき次第支給する予定。

 北見市では、北見郵便局で配送先別に仕分けられ、配達員がバイクで各戸を回って7枚入りの袋を郵便受けに入れていった。配布されたマスクを手にした同市美山町、パート従業員の女性(55)は「マスクが買えず、ガーゼとゴムひもで手作りして使っていた。夫と2人暮らしなので7枚でも助かる」と話した。

残り:0文字/全文:295文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1089550 0 社会 2020/03/05 22:18:00 2020/03/07 18:04:46 2020/03/07 18:04:46 新型コロナウイルス感染拡大によるマスク不足が続く中、北見郵便局に到着した政府配布のマスク(5日午後4時50分、北海道北見市で)=原中直樹撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200305-OYT1I50070-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ