飛び交うデマ「あの会社の社長は、クルーズ船の感染者だ…」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

職員によるSNSの投稿を巡り、米子医療生活協同組合のホームページに掲載された謝罪文
職員によるSNSの投稿を巡り、米子医療生活協同組合のホームページに掲載された謝罪文

 新型コロナウイルスの感染拡大で、SNSでデマや不正確な情報が横行している。感染していない人が感染者だと名指しされたり、誤情報がきっかけで商品が品薄になったりする影響も出た。専門家は安易な拡散に注意を呼びかけている。

 「行動を制限せざるを得ない。無責任にうわさを広めることで重大な被害につながった」。静岡市のねじ製造会社「興津螺旋おきつらせん」の柿沢宏一社長(47)は苦しい胸の内を明かす。

 同市では2月末、集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」を下船した60歳代の男性の感染が確認された。この後、柿沢社長が感染者だとする投稿がツイッター上に相次ぎ、会社にも「社長がウイルスをばらまいている」などの複数の電話があったという。

 ビルの壁材としても広く使われる花こう岩が「コロナウイルスに効く」などのうわさも。これを受け、フリーマーケットアプリなどでは数千円で販売された。愛媛大の大藤弘明教授(鉱物学)は「どこにでもある普通の石。ウイルスへの効果はなく、科学的根拠は全くない」と否定する。

 「トイレットペーパーが品薄になる。製造元が中国だから」――。全国的なトイレットぺーパーの品薄状態を起こしたこのデマは、2月下旬から出回った。日本家庭紙工業会によると、トイレットペーパーは国産が98%を占める。鳥取県米子市の「米子医療生活協同組合」は3日、職員がSNSでこうした投稿をしたとして謝罪した。

 デマが広がりやすい背景には、スマートフォンとSNSの普及で情報が簡単に拡散されることがありそうだ。流言に関する著書もある中央大の松田美佐教授(社会情報学)は「ウイルスに対して社会的な不安が高まっており、情報の真偽が判断しにくい状態になっている。『正しい』と思った情報であっても、安易に拡散させるのは慎むべきだ」と話している。

残り:0文字/全文:773文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1093991 0 社会 2020/03/08 05:00:00 2020/03/08 10:19:29 2020/03/08 10:19:29 新型コロナ不祥事(7日午後6時29分、東京本社で)=小林武仁撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200308-OYT1I50016-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ