外務省、イタリア北部3州などに「渡航中止勧告」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 外務省は9日、新型コロナウイルスの感染が拡大しているイタリア北部のベネト、エミリア・ロマーニャ、ピエモンテの3州と中部のマルケ州、同国北部に位置する小国サンマリノに感染症危険情報(4段階)でレベル3の「渡航中止勧告」を出した。

 4州とすでに「渡航中止勧告」が出ていた北部ロンバルディア州を除くイタリア全土と、バチカンについては、レベル2の「不要不急の渡航自粛」を出した。

 イランでは、イスファハン州など8州を「渡航中止勧告」に引き上げた。

 スイス、スペイン、ドイツ、フランスについては、レベル1の「渡航に十分注意」を出した。

残り:62文字/全文:329文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1098849 0 社会 2020/03/10 10:37:00 2020/03/10 10:37:00 2020/03/10 10:37:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ