転出届の「郵送」可、総務省が全国自治体に通知

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、総務省は10日、転出届を郵送で提出できるようにすると発表した。6日付で全国の自治体に通知した。春の引っ越しシーズンに、市区町村の役場窓口の混雑を緩和する狙いがある。

 転出届は窓口への提出が原則だった。具体的な提出・確認方法は自治体に委ねるが、総務省は、転出の届け出書類と運転免許証など身分証のコピーを役場に郵送してもらい、各自治体が転出証明書を返信する方法を想定している。

 転入届についても特別な対応をとる。住民基本台帳法は、転入から14日以内の提出を義務付けているが、当面は期限を過ぎても罰則の対象としないことにする。

残り:0文字/全文:284文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1100307 0 社会 2020/03/10 18:16:00 2020/03/10 20:03:30 2020/03/10 20:03:30

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ