読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

国内居住の感染者500人超え、死亡は計12人に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大で、国内では10日、新たに計59人の感染が判明した。国内居住者の感染者はこれで500人を超え、計556人となった。

 この日は大阪府で17人、愛知県で13人、兵庫県で9人、埼玉県で5人の感染がわかったほか、北海道と東京都、新潟県などでも新たな感染者が確認された。

 大阪府内で感染がわかった17人のうち6人が、複数の客の感染者が確認されている大阪市北区のライブハウス「ソープ オペラ クラシックス ウメダ」など大阪市内の3か所のライブハウスを訪れていた。

 東京都では男女3人の感染が判明。都によると、このうち40歳代の女性会社員は「ソープ オペラ」を訪れていた。三重県でも同ライブハウスを訪れた人の近親者の感染がわかった。

 兵庫県在住者として新たに感染が分かった9人のうち4人は、伊丹市の介護老人保健施設「グリーンアルス伊丹」の職員と利用者、関連施設の職員だった。グリーンアルス伊丹では、別の利用者の感染も明らかになっており、県はクラスター(小規模な感染集団)形成の恐れがあるとみている。

 愛知県内の13人のうち1人は死亡後に感染が確認された。このほか同県内ではすでに感染が判明していた1人についても死亡が明らかになった。相模原市も感染がわかっていた80歳代の男性が死亡したと発表。クルーズ船を除き、国内居住の感染者の死亡は計12人となった。

残り:83文字/全文:673文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1100654 0 社会 2020/03/10 22:55:00 2020/03/11 10:55:32 2020/03/11 10:55:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200310-OYT1I50088-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)