雪の東京で桜、観測史上最速…満開予想は23日

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

靖国神社境内で開花したソメイヨシノ(14日午後2時28分、東京都千代田区で)=三浦邦彦撮影
靖国神社境内で開花したソメイヨシノ(14日午後2時28分、東京都千代田区で)=三浦邦彦撮影

 気象庁は14日、東京の桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。上空の寒気と低気圧の影響で東京都心は真冬並みの寒さとなったが、前日までの暖かさでつぼみの成長が進み、1953年からの観測史上最も早い開花となった。平年より12日、昨年より7日早い。

 この日、東京23区では雪やみぞれが降り、都心の午後2時の気温は前日より14・6度低い2・5度となった。桜の標本木がある千代田区の靖国神社は例年、開花宣言を見届けようとする人でにぎわうが、あいにくの寒さで人影もまばら。みぞれのなか、気象庁職員が宣言の条件である5輪以上の花を確認した。

 日中の気温は全国的に平年並みか平年より低く、都心を含む関東の一部地域は冷たい風が吹いた影響で特に寒くなった。開花について、気象情報会社「ウェザーニューズ」は「3月に入り、暖かい日が続いていたので、いつ咲いてもおかしくなかった」と指摘している。

 17日頃までは全国的に寒い日が続き、18日頃から気温が上がる見込み。日本気象協会によると、東京の桜の満開は23日と予想される。

無断転載禁止
1108401 0 国内 2020/03/14 15:35:00 2020/03/15 05:07:19 2020/03/15 05:07:19 靖国神社境内で開花した「標本木」のソメイヨシノ(14日午後2時28分、東京都千代田区で)=三浦邦彦撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200314-OYT1I50061-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ