読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「コロハラ」対策になれば…花粉症・ぜんそくでの咳、肩身狭い人たちにバッジ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ぜんそくや花粉症を周囲に知らせるバッジ=明新社提供
ぜんそくや花粉症を周囲に知らせるバッジ=明新社提供

 奈良市の印刷会社「明新社」は17日から、「花粉症・ぜんそくバッジ」計10種類、2000個の販売を始める。同社は「コロハラ(新型コロナウイルス感染拡大に起因するハラスメント=嫌がらせ)という造語まで生み出された状況の改善に役立てば」としている。

 同社総務部長(54)は「ぜんそくや花粉症によるせきで、電車やバスの中で肩身の狭い思いをする人も多いはず。トラブルになるケースが出ているとニュースで知り、社員から『周囲に示すバッジが作れないか』との声が上がった」と話す。

 「ぜんそく」「花粉症」と記したタイプのほか、マスクやシカのイラスト付きで「ぜんそく(花粉症)です うつりません」と書いたものも。直径約3センチで、裏側のピンで衣服やカバンに留められる。直営の土産物店・絵図屋(奈良市餅飯殿町)で1個300円(税別)で販売する。問い合わせは同社(0742・63・0661)。

残り:79文字/全文:589文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1112733 0 社会 2020/03/17 07:33:00 2020/03/17 14:41:15 2020/03/17 14:41:15 ぜんそく・花粉症を周知するバッジ(明新社提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200316-OYT1I50048-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)