クルーズ船の乗客男性、再び陽性に…退院10日後から発熱続く

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 三重県は14日夜、新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から下船した桑名保健所管内の70歳代男性の感染を確認したと発表した。

 三重県によると、男性は2月14日に船内での検査で陽性と判明し、16日に下船して東京都内の医療機関に入院した。陰性が確認されて3月2日に退院し、その日のうちに新幹線などで帰宅したが、12日以降発熱が続いたため、13日に三重県内の医療機関を受診、14日に検査で再び陽性が確認された。

 男性は、帰宅後は買い物にマイカーで短時間外出しただけで、公共交通機関は利用しておらず、外出時はマスクを着用していたという。

 濃厚接触した家族1人と、帰宅後に接触した1人は、いずれも検査結果は陰性だった。

無断転載禁止
1113006 0 国内 2020/03/17 11:24:00 2020/03/17 11:24:00 2020/03/17 11:24:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ