北海道の「緊急事態宣言」、期限の19日で終了…知事「有効に機能した」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた北海道の「緊急事態宣言」について、鈴木直道知事は18日、臨時記者会見を開き、期限を迎える19日に予定通り終了する考えを明らかにした。

 鈴木知事は「宣言は有効に機能した。安定傾向に向かっている」と説明。先月28日に宣言を出して以降、医療崩壊につながるような感染拡大が起きていないことや、十分な医療態勢が構築できたことなどを理由に挙げた。

 一方、道内を含む国内外で感染が続いている状況を踏まえ、「収束に向かっているとは言えず、油断はできない」と述べ、道民には引き続き、体調が悪いときは外出を控えるなど感染拡大の防止に努めるよう求めた。

残り:1文字/全文:291文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1115626 0 社会 2020/03/18 20:14:00 2020/03/18 22:18:13 2020/03/18 22:18:13

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ