新たに41人感染確認、2人死亡…海外帰国者の陽性相次ぐ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大で18日、福井県で初めて感染者が判明するなど、新たに41人の感染が確認された。愛知県と兵庫県で50歳代、70歳代の男性の計2人が死亡した。

大阪府で新たに3156人コロナ感染…1週間前から134人減

 埼玉県は、志木市の60歳代女性の感染を確認。女性は、今月7日からフィンランドとノルウェーを旅行中に38度前後の発熱があったが、16日の帰国時には熱が下がっていたため、成田空港の検疫所を通過していた。その後、再び発熱があり、18日の検査で陽性と判明した。

 厚生労働省は、イタリアから成田空港に到着した帰国者2人の感染が確認されたと発表。同省は「本人の同意が得られていない」として、性別や年代、居住地を公表していない。

残り:101文字/全文:396文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1115758 0 社会 2020/03/18 21:26:00 2020/03/19 07:26:20 2020/03/19 07:26:20

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)