コロナに「勝つ」丼、休校の児童生徒に無償で…大阪の中華料理店

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

子どもたちに無償で出されているカツ丼(大阪市西区で)
子どもたちに無償で出されているカツ丼(大阪市西区で)

 新型コロナウイルスの感染拡大で売り上げが減っている大阪市の中華料理店が、休校などでストレスを抱える児童らを応援しようと、来店者から寄付を募って子どもに無償でカツ丼を提供する取り組みを始めた。店は「ウイルスにも、ストレスにも『勝つ』という思いを込めた」という。

 大阪市西区の中華料理店「ちー坊のタンタン麺 阿波座店」では、1月末頃から中国人客の利用がなくなり、2月以降は日本人の家族連れの来店も激減。2月の売り上げは通常から3割程度減少した。3月の見通しはさらに厳しく、開店以来約10年間で最大の落ち込みだという。

 そこで、観光地周辺の飲食店を支援しようとNPO法人「みらくる」(大阪市鶴見区)が考案したカツ丼の寄付企画に参加。一口1000円でカツ丼2杯分を寄付でき、店を訪れる子どもに持ち帰ってもらう取り組みで、13日に寄付の受け付けを始め、18日時点で26杯分が集まり、2杯が実際に提供されたという。

 無償提供の対象は小学生から高校生。子どもの写真などを提示すれば、家族が来店して受け取ることもできる。春休みが終わるまで続け、寄付の全額分を提供しきれなかった場合、シングルマザーの支援団体に贈る予定だ。

 店の責任者の田淵博昭さん(67)は「飲食業界も相当厳しい状況だが、子どもたちは経験したことのないつらさを抱えているはず。散歩のついでに取りに来てもらえれば、気分転換にもなると思う」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1116816 0 社会 2020/03/19 12:06:00 2020/03/19 12:06:00 2020/03/19 12:06:00 子どもたちに無償で提供されるかつ丼(大阪市西区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200318-OYT1I50062-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ