読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

感染者と1時間程度話した50歳代同僚も…国内で新たに46人

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大で、国内では22日、新たに計46人の感染が明らかになった。広島県では、尾道市に住む50歳代の男性会社員の感染が判明した。この男性は、15日に出張先のフィリピンから帰国してすでに感染が分かっている40歳代男性の同僚で、2人は16日に社内で1時間程度、会話していたという。

 一方、国内では22日、すでに感染が判明していた5人の死亡が確認された。

 兵庫県では、集団感染が起きた伊丹市の福祉施設「グリーンアルス伊丹」の関係者2人が亡くなった。1人は70歳代の男性利用者で、もう1人は80歳代の女性。この女性は、すでに死亡した女性利用者の夫の知人だった。同施設関連の死者は計6人となった。

 群馬県では高齢男性1人が死亡した。大阪府では、豊中市の70歳代男性が21日に死亡した。

残り:85文字/全文:437文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1121850 0 社会 2020/03/22 20:26:00 2020/03/23 09:07:57 2020/03/23 09:07:57 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200323-OYT1I50009-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)