「加計」獣医学部新設の妥当性を主張、加戸・前愛媛知事が死去

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 前愛媛県知事の加戸守行(かと・もりゆき)氏が21日に死去していたことがわかった。85歳だった。葬儀は親族のみで執り行われた。

 愛媛県八幡浜市出身。文部省(現文部科学省)の教育助成局長や官房長などを歴任し、1999年の知事選で初当選。知事を連続3期務めた。

 2013年1月~15年10月、教育改革に向けた安倍首相直属の「教育再生実行会議」の委員を務めた。

 学校法人「加計学園」の愛媛県今治市への獣医学部新設に「首相の意向」が働いたとする疑惑を巡っては、17年7月に参議院に参考人として招致され、学部新設の妥当性を訴えた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1125672 0 社会 2020/03/24 15:00:00 2020/03/24 17:38:32 2020/03/24 17:38:32

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)