台風19号で開設の避難所、全て解消…最後に残っていた福島県内の施設が閉鎖

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 昨年10月の台風19号で開設された避難所のうち、全国で唯一残っていた福島県伊達市の避難所「梁川寿健康センター」が23日閉鎖され、身を寄せていた1世帯3人が修繕が済んだ自宅に戻った。

 内閣府によると、19号上陸翌日の同月13日午前5時時点の集計で、27都府県8233か所の避難所に最大23万7008人が避難したが、伊達市の避難所閉鎖で全て解消された。

 19号による福島県の住宅被害は、全国最多の約2万2400棟。伊達市は死者は出なかったが、約1100棟が全半壊するなどした。

無断転載禁止
1126148 0 国内 2020/03/24 18:00:00 2020/03/24 18:00:00 2020/03/24 18:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ