クルーズ船感染者、67%で肺に異常な影…受け入れの自衛隊病院が症例公開

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗員・乗客で新型コロナウイルスの感染者を受け入れた自衛隊中央病院(東京)は、感染者104人の症例についてホームページで公開を始めた。

 防衛省によると、104人の平均年齢は68歳。男性47人、女性57人で、国籍は17の国・地域に及ぶ。全員が同病院に搬送された際、CT検査を受けた。

 CT検査の結果、全体の67%で肺に異常な影が観察された。影は無症状もしくは軽症者(計84人)でも約半数に見られた。これらの無症状・軽症者のうち、約3分の1はその後、症状が悪化したという。重症化しても酸素投与などで回復しており、死亡例はなかった。

 防衛省の担当者は「多くの医療従事者に活用してもらいたい」と話している。

無断転載禁止
1126165 0 国内 2020/03/24 18:24:00 2020/03/25 22:37:45 2020/03/25 22:37:45

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ