ドローン違法飛行、最多の111件…半数は「記念撮影」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 昨年1年間に全国の警察が航空法違反容疑で摘発したドローンの違法な飛行は111件(前年比29件増)に上ったことが26日、警察庁のまとめでわかった。ドローンの飛行を規制した改正航空法が施行された2015年以降で、最多だった。

 警察庁によると、摘発人数も最多の115人(同31人増)。このうち外国人が51人で44・3%を占め、中国人が最も多い19人だった。米国人も7人いた。

 目的別では、全体の摘発件数のうち、「記念撮影」が54件(48・6%)、「操縦の練習」が34件(30・6%)、「業務」が7件(6・3%)だった。

 ドローンの規制は、15年12月施行の改正航空法に初めて盛り込まれ、空港周辺や住宅密集地などの飛行禁止区域で飛ばすには、国土交通省の許可が必要となった。しかし、無断飛行は後を絶たず、昨年5月には、東京都内の禁止区域で飛ばしたとして、ミャンマー国籍の男が警視庁に書類送検された。

無断転載禁止
1129465 0 社会 2020/03/26 10:45:00 2020/03/26 10:45:00 2020/03/26 10:45:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ