元同僚女性のアパートに侵入、首絞めた疑い…36歳男を逮捕

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 元同僚の女性宅に侵入し、首を絞めて殺害しようとしたとして、埼玉県警狭山署は26日、東京都荒川区荒川、自称会社員関口裕介容疑者(36)を住居侵入と殺人未遂の両容疑で緊急逮捕したと発表した。逮捕は25日。

 発表によると、関口容疑者は25日午後5時半頃、同県狭山市のアパート2階に住む女性(28)方に窓ガラスを割って侵入し、中にいた女性の首を絞めて殺害しようとした疑い。調べに対し、「首を絞めたのはわざとではなく、殺そうともしていない」などと供述し、容疑を一部否認している。女性の命に別条はなかった。同署が動機などを調べている。

 女性は部屋から逃げ出し、近くに住む大家の男性(72)に助けを求め、男性が110番した。その後、関口容疑者がアパート近くの交番に出頭した。

無断転載禁止
1129561 0 国内 2020/03/26 11:03:00 2020/03/26 16:15:25 2020/03/26 16:15:25

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ