「AIで簡単に稼げる」とウソ、投資用USB販売3事業者に業務停止処分

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「AI(人工知能)搭載システムで簡単に稼げる」とウソを伝えて投資用USBメモリーを販売したなどとして、消費者庁と東京都は26日、「i tec japan(アイテックジャパン)」など3事業者(いずれも東京)に、特定商取引法違反(不実告知など)で業務停止などを命じたと発表した。処分は25日付。

 業務停止はアイテック社と「ファースト」が6か月、「ライズ」が3か月。投資経験のない学生を中心に被害が広がり、2018年以降、3事業者で少なくとも計8億1000万円を売り上げていたという。

無断転載禁止
1130840 0 国内 2020/03/26 22:29:00 2020/03/26 22:29:00 2020/03/26 22:29:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ