女子大教授が感染、付属女子高の生徒に通行人が「コロナ!」…嫌がらせ数十件

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 郡山女子大学(福島県郡山市)教授の70歳代女性の新型コロナウイルス感染をめぐり、同大は26日、言いがかりや嫌がらせの電話が大学に100件以上あったと発表した。系列の女子高の生徒にも嫌がらせ行為が数十件あったといい、記者会見した関口修学長は遺憾の意を示した。

 同大によると、女性の感染が判明した14日以降、制服を着た郡山女子大付属高校生に対し、通りがかりの人が「コロナ」と叫ぶなどの迷惑行為が多発。大学には「大学の周りを歩けない」「教授の行ったスーパーを避けたいので教えろ」といった電話があった。大学運営法人の職員の配偶者が出社を拒否されたり、子どもの保育を断られたりした例もあったという。

無断転載禁止
1133010 0 社会 2020/03/27 21:42:00 2020/03/27 21:42:00 2020/03/27 21:42:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ