女子大学院生に「子育てと研究の両立不可能」…東大の男女准教授を懲戒処分

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京大は27日、研究の指導やゼミに参加していた女子大学院生2人に対し、性別による差別発言やアカデミック・ハラスメント(立場を利用した嫌がらせ)などを行っていたとして、同大大学院の40歳代の男性准教授と女性准教授をそれぞれ停職6か月と戒告の懲戒処分にしたと発表した。処分は24日付。

 東大によると、男性准教授は2人に対し、「女性研究者の結婚や妊娠、子育てなどと研究活動は両立できない」といった発言や研究内容に関して侮辱する発言を繰り返した。女性准教授は1人の研究活動を他の学生の前で否定したほか、2人に対して「結婚などでプライベートが充実していれば研究をやめてもいい」などと発言した。

 2018年夏に2人が大学に被害を申し立て、認定された。両准教授は「ハラスメントのつもりはなかった」と話しているという。

無断転載禁止
1132854 0 国内 2020/03/27 20:06:00 2020/03/27 20:06:00 2020/03/27 20:06:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ