読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

対馬の「シベリアイタチ」、急減で絶滅危惧種に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

絶滅危惧種に指定されたシベリアイタチ(写真家の川口誠さん提供)
絶滅危惧種に指定されたシベリアイタチ(写真家の川口誠さん提供)

 環境省は27日、絶滅の恐れのある生物をまとめた「レッドリスト」の改訂版を公表した。長崎県の対馬に生息する哺乳類の「シベリアイタチ」など40種が、絶滅危惧種に追加され、海洋生物も含めると3772種類になった。哺乳類の絶滅危惧種への指定は8年ぶり。

 シベリアイタチは、将来的に絶滅危惧種になる可能性がある「準絶滅危惧種」に指定されていた。草を食べるシカの増加で生息環境が悪化しており、近年、急激に個体数が減少しているとみられる。同省は今回、近い将来野生での絶滅の危険性が高い「絶滅危惧1B類」にランクを引き上げた。

 このほか、東北から九州にかけての水田やため池に分布していた貝「マメタニシ」は水質の悪化などが原因で、沖縄県の八重山諸島の水田に生息する昆虫「タイワンタイコウチ」は干ばつの増加により、それぞれ数が減っているとして、最もランクの高い「絶滅危惧1A類」に分類された。

無断転載・複製を禁じます
1133928 0 社会 2020/03/28 13:06:00 2020/03/28 13:06:00 2020/03/28 13:06:00 絶滅危惧種に指定されたシベリアイタチ(川口誠さん提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200328-OYT1I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)