対馬の「シベリアイタチ」、急減で絶滅危惧種に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

絶滅危惧種に指定されたシベリアイタチ(写真家の川口誠さん提供)
絶滅危惧種に指定されたシベリアイタチ(写真家の川口誠さん提供)

 環境省は27日、絶滅の恐れのある生物をまとめた「レッドリスト」の改訂版を公表した。長崎県の対馬に生息する哺乳類の「シベリアイタチ」など40種が、絶滅危惧種に追加され、海洋生物も含めると3772種類になった。哺乳類の絶滅危惧種への指定は8年ぶり。

 シベリアイタチは、将来的に絶滅危惧種になる可能性がある「準絶滅危惧種」に指定されていた。草を食べるシカの増加で生息環境が悪化しており、近年、急激に個体数が減少しているとみられる。同省は今回、近い将来野生での絶滅の危険性が高い「絶滅危惧1B類」にランクを引き上げた。

 このほか、東北から九州にかけての水田やため池に分布していた貝「マメタニシ」は水質の悪化などが原因で、沖縄県の八重山諸島の水田に生息する昆虫「タイワンタイコウチ」は干ばつの増加により、それぞれ数が減っているとして、最もランクの高い「絶滅危惧1A類」に分類された。

無断転載禁止
1133928 0 社会 2020/03/28 13:06:00 2020/03/28 13:06:00 2020/03/28 13:06:00 絶滅危惧種に指定されたシベリアイタチ(川口誠さん提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200328-OYT1I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ