国立がん研中央病院の看護師2人が感染…同じ病棟に勤務、嗅覚や味覚に異常

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国立がん研究センター中央病院(東京都中央区)は28日、同病院に勤める看護師2人が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。

 発表によると、2人は同じ病棟に勤務する20歳代と30歳代の女性。発熱やせきなどの症状はないが、1週間ほど前から嗅覚や味覚に異常を感じていたという。

 2人が勤務していた病棟には、主に乳がんや血液がんの患者が入院しているが、今のところ患者や職員らに症状は出ていないという。この病棟では新しい患者の受け入れを中止し、看護師20人を自宅待機させている。

 同病院は今後、2人と接した可能性のある患者や職員ら計150人に順次、ウイルス検査を行う。ほかの病棟や外来での診療は、通常通り継続する。

無断転載禁止
1134279 0 国内 2020/03/28 20:45:00 2020/03/28 20:45:00 2020/03/28 20:45:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ