都内の歓楽街など、月曜以降も「行かないで」…埼玉知事が要請

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染者が東京都内で急増していることを受けて、埼玉県の大野元裕知事は29日、県庁で記者会見を開き、30日以降の平日も都内の歓楽街などに不要不急の用事で出かけないよう県民に呼びかけた。出勤の自粛は求めないものの、自宅で仕事をするテレワークや時差出勤などの工夫をするよう要請した。

 大野知事は「県内では、クラスター(感染集団)が次々と発生したり、感染源が分からないケースが急増したりしている状況ではない」とした上で、「密接な関係にある東京都で患者が増えている。可能な手段を打っていきたい」と述べた。県は28~29日の週末、不要不急の外出自粛を県民に求めていた。

 週末の外出自粛を呼びかけた都は、30日以降の平日についても、在宅勤務の推進や夜間の外出自粛を呼びかけている。

 首都圏などへの訪問を控えるよう県民に求めていた長野県の阿部守一知事も29日夜、感染拡大地域への移動自粛要請を当面継続することを明らかにした。

無断転載禁止
1135394 0 国内 2020/03/29 15:55:00 2020/03/29 22:25:44 2020/03/29 22:25:44

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ