京産大卒業生ら、欧州5か国旅行…帰省先の愛媛・石川・京都で陽性判明

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 京都産業大(京都市北区)の学生の新型コロナウイルス集団感染で、京都府などは30日、新たに20歳代の学生8人と、学生と接触した3人の計11人の感染を確認したと発表した。感染者は計19人となり、ゼミの祝賀会などでクラスターが発生し、周辺に感染が拡大したとみられる。濃厚接触者は計約50人にのぼり、府などが調査を進めている。

 発表によると、20歳代の男子学生4人が今月14日、英国やスペインなど欧州5か国の卒業旅行から帰国。このうち3人が、帰省先の愛媛県や、石川県と京都市で陽性と判明した。残り1人は陰性だった。

 愛媛県の学生は感染判明前の21日、京都市内の飲食店で、ゼミ生有志約30人による卒業祝賀会に参加。ここで感染が拡大した可能性があり、これまでに他の11人の感染が判明した。

 愛媛の学生は翌22日にも、一緒に旅行した学生(石川県で感染判明)とともに十数人規模のサークルの懇親会に出席した。懇親会でもさらに1人の陽性反応が確認されている。

 30日には、岡山県でも学生1人の感染が判明。サークルの懇親会に出たという情報もあるという。

 この日はさらに、学生の感染者と接触した京都府井手町の男性職員3人(20~30歳代)の感染もわかった。ゼミ祝賀会に参加した学生を交えて、23日に約20人規模の交流会を開いていた。

 京産大は1月から学生に海外への渡航自粛を要請し、ゼミの祝賀会なども、指導教員らを通じて学生に自粛を呼びかけていた。京産大の担当者は「教員が再三注意喚起をしても、最終は個人の判断。厳しい対応をとるべきだった」とした。

無断転載禁止
1138872 0 国内 2020/03/31 10:11:00 2020/03/31 12:49:19 2020/03/31 12:49:19 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200331-OYT1I50022-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ