読売新聞オンライン

メニュー

山形で初の感染確認、免許合宿参加の20代女性…海外渡航歴なし

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 山形県は31日、新型コロナウイルスの感染者が県内で初めて確認されたと発表した。

 県の危機対策本部によると、神奈川県在住の20歳代の女性で、24日に山形県米沢市に、運転免許合宿のために来県した。27日に発熱し、30日に新型コロナ感染症外来を受診し、県衛生研究所のPCR検査で31日に陽性と判定された。発症前2週間以内の海外渡航歴はない。

 女性は軽症で、病状は安定しているという。

無断転載・複製を禁じます
1139708 0 社会 2020/03/31 14:33:00 2020/03/31 14:44:42 2020/03/31 14:44:42

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)