読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

小池知事「国家としての判断求められている」…東京、新たに最多78人感染

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都は31日、新型コロナウイルスの感染者を新たに78人確認したと発表した。1日当たりの感染者数としては29日の68人を上回って最多を更新し、累計では521人に達した。クルーズ船を除く国内の感染者は2000人を超え、2231人となった。

 78人のうち、集団感染が起きている永寿総合病院(台東区)の関係者は10人。49人は感染経路が判明していない。年代別では、30歳代が21人で最も多く、20歳代が15人、40歳代は14人だった。40歳代以下は54人で全体の約7割を占めた。小池百合子知事は報道陣に対し、「若い世代の発症がみられる。感染爆発の重大局面に変わりはなく、大変懸念される」と述べた。

 また、都内で50~70歳代の男女7人が28~30日に死亡し、うち5人は永寿総合病院の入院患者だった。

 都内の感染者は3月25~27日は40人台、28、29日が60人台と推移した。検査件数が少なかったことから30日の判明は13人にとどまり、その影響で31日に増加したという。

 小池氏は31日、安倍首相と首相官邸で会談し、感染防止対策について協議した。小池氏は会談後、記者団に対し「緊急事態宣言については国が決めること。国家としての判断が求められている」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1140304 0 社会 2020/03/31 21:05:00 2020/04/01 07:29:57 2020/04/01 07:29:57

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)