読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

がんセンター中央病院、医師感染で新規患者の受け入れ中止…国内累計2200人超

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大で、国内では31日、新たに242人の感染が判明し、クルーズ船を除いた累計感染者数は2231人となった。国内では1月中旬に初めて感染者が確認され、約2か月後の3月20日に1000人を超えたが、それから10日余りで2000人を上回っており、急速に感染が拡大している。

 東京都内で感染が判明した78人のうち2人は国立がん研究センター中央病院(東京都)の女性看護師と男性医師だった。男性医師は外来患者の診療を担当しており、同病院は新規患者の受け入れを中止する。

 神奈川県では、10歳代~70歳代の男女計14人の感染がわかった。千葉県でも新たに13人の感染が明らかになり、このうち9人は集団感染が発生した同県東庄とうのしょう町の知的障害者福祉施設「北総育成園」の関係者だった。

 山形県では初めての感染者が確認された。運転免許取得のための合宿に参加していた神奈川県在住の20歳代の女子大学生1人が感染したという。

無断転載・複製を禁じます
1141017 0 社会 2020/03/31 22:33:00 2020/04/01 14:45:18 2020/04/01 14:45:18 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200401-OYT1I50010-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)