北九州で21人感染、うち17人は病院スタッフ…クラスター対策班の派遣要請

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北九州市は1日夜、21人(10~80歳代)の感染を確認したと発表した。うち17人が新小文字こもんじ病院(北九州市門司区)の医療スタッフで、市は院内感染が起きたとみてクラスター対策班の派遣を厚生労働省に要請した。

 市によると、3月31日に感染が判明した男性(80歳代)が入院していたことから、医療スタッフ48人を検査した結果、感染が判明した。市は入院患者183人を含む関係者約800人のPCR検査を順次行う。

無断転載禁止
1143880 0 社会 2020/04/02 12:47:00 2020/04/02 12:47:00 2020/04/02 12:47:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ