読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「3密」回避せよ…厚労省が全国クラスターマップ更新、台東区の病院など反映

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は2日、新型コロナウイルスのクラスター(感染集団)の発生場所を更新した「全国クラスターマップ」を発表した。3月31日時点で、14都道府県26か所になった。

 集団感染が起きた東京都の永寿総合病院(台東区)や、千葉県の知的障害者福祉施設「北総育成園」(東庄とうのしょう町)などを反映した。

 厚労省は、マップによって、医療機関や高齢者施設のほか、「密閉」「密集」「密接」の「三つの密」が成立する場所でクラスターが発生しやすい傾向を明らかにし、感染拡大防止の対策につなげたいとしている。

 マップは、押谷仁・東北大教授や西浦博・北海道大教授らの分析に基づいて作成し、3月15日付で公表。同17日に修正していた。17日のマップでは発生場所は13か所で、10人以上、5人以上の2段階で示していたが、今回は5人以上の基準に統一した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1144968 0 社会 2020/04/02 23:26:00 2020/04/02 23:26:00 2020/04/02 23:26:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)