3密「夜の社交場」クラスター、店名公表対応分かれる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ナイトクラブやショーパブなどといった「夜の社交場」で新型コロナウイルスの感染が広がっている。密閉空間に人が集まる「3密」の条件を満たす場所でクラスター(感染集団)が生じるリスクが浮き彫りになった格好で、感染拡大地域を抱える自治体の首長らは、夜間営業する接客業などの利用自粛を呼びかけている。

福井で死者

 「明らかに感染者が広がっているが、調査は困難を極めている」。大阪府の吉村洋文知事は1日、府庁での記者会見で危機感をあらわにした。

 府によると、大阪市北区のナイトクラブと、飲食をしながら歌や踊りを楽しむショーパブで、3月にクラスターが発生。2店の客や従業員ら少なくとも計10人が感染していた。

 和歌山県が2日に感染を発表した県内在住の60歳代男性も、3月23日にこのナイトクラブに客として訪問。2店の周辺の飲食店の客やその濃厚接触者まで含めると、少なくとも計25人の感染が確認された。

 福井県も2日、女性従業員が接客して酒を提供する福井市内の飲食店で、従業員2人と男性客7人の計9人の感染が確認されたと発表。このうち50歳代の会社役員男性1人が死亡した。

 県は「ラウンジに近い店」と説明。客の知人ら8人にも感染が広がっているといい、杉本達治知事は、接客を伴う飲食店の利用自粛を呼びかけた。

東京・北海道も

 新型コロナウイルスは、〈1〉換気の悪い密閉空間〈2〉多くの人の密集〈3〉密接しての会話――の条件が重なる「3密」の状況が生じる場所で、飛沫ひまつ感染や接触感染のリスクが高くなるとされる。キャバクラ、風俗店、カラオケボックス、マージャン店、ライブハウスなど、夜間営業の店には「3密」の条件を満たす店が多い。

 東京都では、小規模なナイトクラブやバーなど接客を伴う飲食店のほか、国内有数の歓楽街・歌舞伎町やその周辺にあるキャバクラ店の女性従業員や、風俗店の業務に携わる男性に感染が拡大。北海道最大の歓楽街・札幌市のススキノでも、ライブバーに勤める女性や客ら、約20人の感染が確認された。

店名公表できず

 2月以降、大阪市のライブハウスで発生したクラスターでは、店側の協力を得て府が店名を速やかに公表した結果、濃厚接触者らの特定が進み、16都道府県で計105人(府まとめ)の感染を確認できた。

 府は今回クラスターが発生したナイトクラブとショーパブについても、客らに検査を促すため店名を公表したい考えだが、店側の同意が得られていないという。

 府による感染者からの行動履歴の聞き取りは難航している。府幹部は「非公式の接待などで訪れるケースがあり、説明を渋る人がいる。店側が風評被害を恐れていることもある」と調査の難しさを打ち明ける。

 札幌・ススキノのケースでは店側が当初、風評被害を懸念して店名公表を渋ったが、保健当局側が「不特定多数が濃厚接触した可能性があり、感染を拡大させてはならない」と説得したという。

 北海道の担当者は「報道で店名を知った客が申し出るなどし、全員を把握できた」と語った。

無断転載禁止
1145698 0 社会 2020/04/03 05:00:00 2020/04/03 15:08:05 2020/04/03 15:08:05 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200403-OYT1I50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ