愛知県警にクラスター、新たに7人感染…武道館で剣道の稽古

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大で、国内では3日、東京都で89人、愛知県で12人など新たに計354人の感染が判明した。この日に死亡が確認された感染者は4人で、九州と四国では初めて死者が確認された。

 愛知県と名古屋市が新たな感染者として発表した20~40歳代の男女12人のうち、男性7人は愛知県警の警察官で、1日に感染が判明した県警機動隊員と同市内の武道館で一緒に剣道の稽古をしていた。

 また、岐阜県が発表した土岐市の30歳代と50歳代の女性2人も愛知県警の警察官の家族という。

 これで愛知県警関係者の感染者は岐阜県土岐市在住者を含め計10人を超え、クラスター(感染集団)が形成されたことになる。

 このほか、名古屋市内の60歳代男性は先月24日にナイジェリアから帰国後、発熱が続いていた。

     ◇

 愛知県警は3日、これまでに感染が判明した計10人のほか、体調不良を訴える警察官9人が今後、感染の有無を調べるPCR検査を受ける見通しだと発表した。

 いずれも県武道館で剣道の稽古をしていた本人やその親族。

 県警によると、陽性の警察官らと食事や会話などで接触したとみられる警察官も含めて、3日現在で計92人が自宅待機となっているという。

無断転載・複製を禁じます
1147410 0 社会 2020/04/04 09:18:00 2020/04/04 09:18:00 2020/04/04 09:18:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ