読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

昔のにぎわいに思いはせて…被災地で咲き誇る桜並木、いまだに立ち入り禁止区域も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

3月に避難指示が一部解除された「夜の森地区」で見頃を迎えた桜並木(4日午前10時39分、福島県富岡町で)=武藤要撮影
3月に避難指示が一部解除された「夜の森地区」で見頃を迎えた桜並木(4日午前10時39分、福島県富岡町で)=武藤要撮影

 東京電力福島第一原発事故に伴う帰還困難区域の避難指示が先月一部解除された福島県富岡町で4日、夜の森地区の桜が見頃を迎えた。新型コロナウイルスの影響で恒例の桜まつりは中止となったが、訪れた人たちは写真撮影をするなど咲き誇る桜を楽しんでいた。

 桜並木は、ソメイヨシノ約400本が2・2キロにわたって続く町のシンボル。全町に避難指示が出た後、3年前と先月の2回の避難指示解除で、800メートルは自由に歩いて桜を楽しめるようになった。ただ、メインストリートだった1・4キロはいまだに帰還困難区域内にあり、避難指示が解除されるのは3年後の春になる。

 同県楢葉町の男性住民(68)は、「震災前と変わらずに咲いていて、昔のにぎわいを思い出しますね」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1147540 0 社会 2020/04/04 11:53:00 2020/04/04 13:06:11 2020/04/04 13:06:11 避難指示が3月に一部解除された福島県富岡町の「夜の森地区」で見頃を迎えた桜 ※ゲートの先は帰還困難区域です※(4日午前10時39分、福島県富岡町で)=武藤要撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200404-OYT1I50017-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)