読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

絶滅の恐れあるワシなのに…風力発電施設への「バードストライク」多発

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

風力発電施設へのバードストライクが報告されているオジロワシとオオワシ(今年2月、根室市で)
風力発電施設へのバードストライクが報告されているオジロワシとオオワシ(今年2月、根室市で)

 絶滅の恐れのある大型猛禽もうきん類オジロワシが北海道内の風力発電施設に衝突する事故「バードストライク」が、調査を始めた2003年度以降の17年間で63件確認されたことが環境省のまとめでわかった。最近の傾向として、小型風力発電での事故が増えているという。

 オジロワシの事故は、15年度には初めてゼロになったが、16年度は3件、17年度は7件、18年度は3件、19年度は過去最多の8件が確認された。このうち、18年度の1件、19年度の4件が小型風力発電での事故だった。

 同じ期間の17年間で、オオワシの事故は3件あった。小型風力発電での事故は、17年度に根室市で1件が報告されている。

 環境省のオジロワシ・オオワシ保護増殖検討会の座長、黒沢信道・日本野鳥の会釧路支部長は、「これまでの事故を踏まえ、風力発電はできるだけ海岸沿いの岸壁には建設しないようにするなどの対応を業者や行政は取り組むべきだ」と訴えている。

無断転載・複製を禁じます
1149060 0 社会 2020/04/05 13:24:00 2020/04/05 13:24:00 2020/04/05 13:24:00 バードストライクが報告されているオジロワシやオオワシ(2月24日午前9時41分、根室市で)=石原健治撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200405-OYT1I50014-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)