読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

国内で新たに9人死亡、累計死者は104人に…都内の感染者は計1000人超

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大で、国内では5日、新たに9人の死亡が確認され、クルーズ船乗船者を含めた国内の死者は100人を超えて計104人となった。一方、東京都は同日、新型コロナウイルスの感染者を新たに143人確認したと発表した。1日当たりの感染者は2日連続で3桁に達し、累計の感染者も1033人となり、1000人の大台を超えた。

 小池百合子都知事は同日、インターネット上の動画配信で、入院の必要がない軽症者らを都が借り上げたホテルでの療養に切り替える計画について、7日から軽症者の移送を始めることを明らかにした。

 都の発表によると、5日に陽性が判明した143人のうち、3分の2の92人は感染経路を特定できていない。累計の感染者数は、3月31日時点で521人だったが、5日間でほぼ倍増した。新たに7人が死亡し、永寿総合病院(台東区)の関係者が少なくとも4人含まれているという。

 すでに退院した人を除いた患者は951人に上っているが、小池知事はネット配信で、「病床は約1000床を確保できた」と述べた。都は感染者の増加に対応するため、一般の医療機関などの協力を得て連日100床単位の病床の拡充を続けており、「医療体制はしっかりと確保できている」と強調した。

 7日から開始するホテル療養については、食事の提供や清掃は都が手配した外部の業者が担当し、医師らがテレビ電話などを使って遠隔で健康観察を行う方向で調整が進んでいるという。

無断転載・複製を禁じます
1149152 0 社会 2020/04/05 16:06:00 2020/04/06 10:38:02 2020/04/06 10:38:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200405-OYT1I50022-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)